【日本ハム】降雨コールドで2連敗 3位後退に栗山監督「いまは我慢するしかない」

4回、選手交代を告げにベンチを出る栗山英樹監督

 ◆ソフトバンク4―2日本ハム(19日・鹿児島)

 日本ハムが雨に泣き、約1か月ぶりの2連敗を喫した。

 試合前から雨が降り続く中、先発の上原が初回1死一塁からグラシアルに中超え2ランを被弾。その後も3回1死から川島に右越えソロ、4回先頭ではデスパイネに中越えソロを浴びて4回途中5安打4失点でKO。打線は4回に中島の適時内野安打などで2点を奪ったが、5回終了後に雨脚が強まり、そのまま降雨コールドが成立した。

 雨中の投球で結果を残せなかった上原は「全てにおいて(1軍)レベルに達していないというだけの話。次につながるところを見いだそうとしても、なにも出てこない」と肩を落とした。4月16、17日以来となる連敗でチームは3位に後退。栗山監督は「(状況は)お互いさまだから。結果が全て。いまは我慢するしかない。しっかり受けとめてやっていく」と語った。

最新一覧