渡辺一平、世界水泳“前哨戦”へ「ワクワクする」

 競泳男子の200メートル平泳ぎ世界記録保持者、渡辺一平(22)=トヨタ自動車=が25日、国際水連が新たに立ち上げる賞金大会・チャンピオンズシリーズ(27・28日、中国・広州)に出場するため、羽田空港から出発した。

 五輪メダリストなど招待選手のみが泳ぎ、各種目4人の一発決勝。個人種目の優勝者には1万ドル(約112万円)が贈られる。今大会はライバルで、2017年世界選手権金のチュプコフ(ロシア)も参加のため、「世界選手権の前哨戦でワクワクする」と気合十分だ。チュプコフは大会前、渡辺が拠点とする早大で時差調整を行っており、「お互い意識していた」と、早くも火花を散らしていた。

最新一覧