【西武】多和田が7回途中を10安打2失点

西武先発の多和田真三郎

◆西武0―2ソフトバンク(19日・メットライフドーム)

 先発した西武の多和田真三郎投手(25)が、7回途中を113球、10安打2失点で降板し、今季2勝目を逃した。

 3回2死から、四球で走者を出すと、2番・釜元から3者連続安打を浴びて2失点。一方、打線は6回まで1安打で無得点。味方の援護にも恵まれず、苦しいマウンドとなった。

 今季4度目の登板となった右腕は「3回、2アウトからフォアボールを出してしまい、点を取られてしまったのが、もったいなかった」と反省を口にした。

試合詳細

最新一覧