【西武】源田、19日ソフトバンク戦で復帰へ 右手負傷後初フリー「いつでもいけるように準備」

西武の源田壮亮

 「右手関節挫傷」で欠場していた西武の源田壮亮内野手(26)が、19日のソフトバンク戦(メットライフ)で、実戦復帰することが濃厚となった。

 13日のオリックス戦(メットライフ)で右手に死球を受けて、14日の同カードではスタメンを外れ、プロ野球記録の新人から続く連続フルイニング出場が299試合で止まった。

 負傷後は抹消されず、チームに帯同。守備・打撃での出場機会はなかったが、試合前の練習ではノックを受けていた。この日の練習では負傷後、初めてフリー打撃を行い、40スイング。「普通に打てている。いつでもいけるように準備しています」と笑顔を見せた。馬場敏史作戦兼守備・走塁コーチは「打つ方がダメだったから試合に出せなかったけれど、しっかり振れている。何もなければいけるでしょう」と復帰させる可能性を示唆した。

最新一覧