東啓介、主演ミュージカル「Color of Life」への意気込み語る

ミュージカル「Color of Life」に主演する東啓介

 俳優の東啓介(23)が、5月1日開幕のミュージカル「Color of Life」(27日まで東京・DDD青山クロスシアター)に主演する。

 オフ・オフ・ブロードウェイの国際演劇祭で最優秀ミュージカル賞を始め、最優秀演出賞、最優秀作詞・作曲賞、最優秀主演女優賞の4部門受賞作。大震災を機に、画題を見失ってしまった画家の男(東)。心から愛した同性の恋人と死に別れたばかりの女優(青野紗穂)。2人は、飛行機で偶然隣りあわせになり、ひかれ合い、ニューヨークにある彼女の部屋で一緒に暮らし始める。

 今作は日本初演で、石丸さち子氏の脚本・演出・作詞、伊藤靖氏が作曲・編曲を務める。

 稽古真っただ中の東は「初めは温かい作品だと思っていましたが、稽古が進むにつれ、その温かい中に自分を探していると気付きました。楽曲もステキが故に難しい部分もあり、苦戦しながらも食らい付いて頑張っております」と意気込む。

 役作りのため、作品の舞台ニューヨークに渡った。「見た景色、人々たち、食べ物などが大きく生かせていると思います。見ているといないでは、想像する上で大きく変わっていくと思う。デートシーンでは、実際にニューヨークで見た景色が自然と浮かび、あの景色を見ているんだ、という気分を実感しながら演じられています。特にマンハッタンの景色は忘れられません」。東は「何かに行き詰まったり、しんどい思いなどしている方が見て救われる舞台を作っています。2人のそれぞれの心の中にある宇宙のような色合いを、美しく、悲しく、楽しく描いた素晴らしい楽曲を楽しんでくださるのも、1つの舞台の楽しみ方だと思います。生で劇場で、その感動を味わっていただきたいです」とコメントした。

最新一覧