コシノ3姉妹生家に「アヤコ食堂」オープン 母の命日に

母の名を冠した「アヤコ食堂」をオープンした(左から)コシノミチコ、コシノジュンコ、コシノヒロコ

 「コシノ3姉妹」として知られるファッションデザイナーのコシノヒロコさん(82)、コシノジュンコさん(79)、コシノミチコさん(76)が27日に大阪・岸和田市の生家に「アヤコ食堂」をオープンするのを前に26日、記者会見した。

 「アヤコ食堂」は、3姉妹の母であるファッションデザイナーの小篠綾子さん(2006年死去)の名を冠した食堂。長女のヒロコさんは「母が亡くなってからは1年に一度、お祭り(だんじり)の時に帰ってくる以外は空き家同然だった。これをきっかけに、もっと岸和田が発展すれば」と期待した。

 綾子さんが亡くなってからは、生家をギャラリーとして一般開放していたが、今後もなんらかの形で残したいと考えてさまざまな形態などを検討し、食堂を全国展開する「フジオフードシステム」の尽力でオープンの運びとなった。

 綾子さんは多忙な中、手早く手料理をふるまうのが上手だったそうで、ヒロコ氏は「旬の物を手をかけずにおいしく食べさせるのが上手でした」と振り返った。「卵焼き」と「鯛のから揚げに八宝菜みたいなあんをかけたもの」、鯛茶漬けなどが思い出の味という。

 次女のジュンコ氏は「高校2年生までだんじりをひいていた。今でもこうやって帰って来られるのはお母ちゃんのおかげ」と感謝。三女のミチコ氏も「お母ちゃんの命日に新しいことが始まるのは願ってもないこと。すごくうれしい」と感慨深げだった。食堂の2階部分は引き続きギャラリーとして使用。バルコニーもきっちり残り、だんじり祭りの際には最高の観覧場所となる。

 綾子さんは、NHK連続テレビ小説「カーネーション」(2011年)のヒロインのモデルにもなった“肝っ玉かあちゃん”。店舗前には、ヒロイン・糸子を演じた尾野真千子(37)からも花が届いた。

最新一覧