マリナーズ・菊池の本拠地デビュー戦が30日に決定、相手は昨季王者のRソックス

3月21日、日本でMLBデビューを果たした菊池雄星

 マリナーズ・菊池雄星投手(27)の次回登板が、29日(日本時間30日)の本拠地・Rソックス戦に決まった。23日(同24日)、サービス監督が明言した。

 開幕2戦目のアスレチックス戦(東京D)でメジャーデビューを果たした雄星。勝利投手の権利まであと1人となった5回2死でマウンドを降りて、4安打2失点(自責1)と好投しながら、初勝利を逃した。米国&本拠地デビューは本拠地2戦目となるRソックス戦に決定。相手は昨季ワールドチャンピオンに輝いた強敵だが、雄星は「(本拠地)2試合目と言うことで大事な試合だと思いますし、そういう任せてもらったという責任を持ちながら、準備したいと思います。1回東京ドームで投げているので気持ちの部分で多少楽になる部分はあると思いますけど、何せ相手は(昨季の)優勝チームですので、より一層気持ちを引き締めながら対策をしっかり練りたいと思います」と決意を口にした。

 この日はファンフェスタが本拠地のTモバイル・パークで行われ、初めて本拠地で練習を行い、キャッチボールなどで調整。Rソックス戦の次は、順調にいけば中5日で敵地のWソックス戦となる見込みだ。

最新一覧