貴景勝の大関昇進、親方衆が取組前会議で意見集約…八角理事長は「厳しい一番だね」3回繰り返す

敗れた貴景勝(中央)(カメラ・石田 順平)

◆大相撲春場所14日目(23日・エディオンアリーナ大阪)

 大関取りの関脇・貴景勝(22)=千賀ノ浦=は、逆転初Vを狙う幕内・逸ノ城(25)=湊=にはたき込まれて5敗目を喫し、昇進目安の2ケタ白星目前で足踏み。千秋楽は、7勝7敗で負ければ関脇に降下するカド番大関・栃ノ心(31)=春日野=が相手で、壮絶な“入れ替え戦”に臨むことになった。

 審判部の阿武松部長は貴景勝の大関昇進について千秋楽の昼に会議を招集、審判部の親方衆の意見を集約する方針を明らかにした。場所前は「内容のある10勝以上」を条件に挙げていただけに「10勝? 印象的にはそうですね。勝つに越したことはない」と話した。また八角理事長(元横綱・北勝海)は千秋楽での栃ノ心と貴景勝の一番に「厳しい一番だね」を3回繰り返し、最後は絶句していた。

最新一覧