元天才子役の吉岡秀隆、映画「こどもしょくどう」の子供たちを絶賛。「すごい。僕は毎日泣いていたのに…」

映画「こどもしょくどう」で初日舞台あいさつした(左から)日向寺太郎監督、吉岡秀隆、常盤貴子、藤本哉汰、鈴木梨央、古川凛、田中千空、浅川蓮

 俳優の藤本哉汰(かなた、15)、鈴木梨央(14)、常盤貴子(46)、吉岡秀隆(48)が23日、東京・岩波ホールで出演映画「こどもしょくどう」(日向寺太郎監督)の初日舞台あいさつを行った。

 飽食時代の一方で、子供の食生活の貧困さが深刻化する現代。食事だけでなく心のよりどころとしても注目されている“子ども食堂”を舞台にした作品。常盤と吉岡が、食堂を営む夫婦を演じている。

 名作ドラマ「北の国から」など天才子役としても知られ、いまやすっかり演技派俳優の吉岡は、撮影中の子供たちの演技や取り組む姿勢を絶賛。「何てすごいんだろ。僕は中学生のとき、毎日のように泣いてばかりいた。年取ったなぁと感じる」と苦笑い。また「次の時代がいい時代になるためにも、平成の終わりにこの映画が公開される意味がある」とも話した。

 吉岡と息の合った芝居を見せている常盤はこの日、登壇時にはく靴を忘れたそう。「メークさんにこれを借りました」と正直に明かすおちゃめぶり。衣装と全く違和感のない“代替靴”で笑顔を振りまいていた。

最新一覧