平泳ぎ・小関が合宿中に誕生日を迎え、後輩たちのサプライズで服はぐしょぐしょ「うれしいけどね」

帰国した小関也朱篤

 競泳男子平泳ぎ50、100メートルの日本記録保持者・小関也朱篤(やすひろ、27)=ミキハウス=が18日、約1か月の米アリゾナ州フラッグスタッフでの高地合宿を終えて成田空港に帰国。「心を鬼にしてトレーニングしてきた」と手応えを口にした。

 合宿中の14日には27歳の誕生日を迎えた。13日の夜、ともにトレーニングに励んだ後輩たちにサプライズで祝福されたといい「『年に一度、小関さんを攻撃できる日』と言って、クリームとかチーズ、雪なんかも投げてきて(服も)ぐしょぐしょになった。うれしいけどね」と笑顔で語った。

 今夏の世界選手権代表選考を兼ねた4月の日本選手権(東京・辰巳)には平泳ぎ50、100、200メートルの3種目に出場する。「3種目とも日本新(記録)を出す準備はしてきた。予選からガンガン行こうと思う。タイムにこだわっていきたい」。50、100メートルでは自身の持つ記録を、200メートルではライバル・渡辺一平(22)=早大=が持つ2分6秒67の世界記録を塗り替え、同大会3年連続の3冠を見据えた。

最新一覧