前貼りせずに挑んだ草ナギ「男の事情があって…」

舞台あいさつに参加した左から鶴岡慧子監督、新音(にのん)、山崎光、草ナギ剛、須藤理彩

元SMAPで俳優の草ナギ剛(44)、俳優・山崎光(15)らが16日、東京・テアトル新宿で映画「まく子」(鶴岡慧子監督)の公開記念舞台あいさつに参加した。

 15日に中学校を卒業したばかりの山崎は、映画初主演ながらも、思春期の男の子役を公演。「大切な一年になりました。主演をやらせていただいて、これからの俳優人生の糧になった」と胸を張った。劇中では山崎の父親役を演じた草ナギは「撮影時からさらに成長した」とうなりつつ、「山崎くんと演技できて、学ぶことがたくさんあった。一緒にまた仕事できたらいいですね」と再演を熱望した。

 映画最後の父と子が向き合うシーンでは、ポロリもあったそうで、草ナギは「前貼りしてなくて、後ろから見えてしまうという男の事情があって」とまさかのハプニング。「僕が(前貼り)してみたら形が合わなくて。あるんですね前貼りの形って。勝負だったんで。大きさの勝負じゃないですよ、心の大きさですよ?」と会場を笑わせた。

最新一覧