森保監督の狙いが明確な決断 戦力拡充&代表意欲UP…日本代表大幅変更の真意

日本代表メンバーを発表する森保監督

 日本サッカー協会は14日、親善試合のコロンビア戦(22日・日産ス)、ボリビア戦(26日・ノエスタ)の日本代表23人を発表。MF香川真司(29)=ベシクタシュ=が昨夏のロシアW杯以来約9か月ぶりに復帰を果たした。森保一監督(50)は決勝で敗れたアジア杯(UAE)から13人を入れ替え。14年ブラジル、18年ロシアとW杯2大会で背番号10をつけた香川を中心に、新たなポジション争いが勃発する。

 森保監督はアジア杯のメンバーから13人を入れ替えただけではなく、エースの大迫、主将の吉田、柱の長友、安定感抜群の酒井という核の選手を選ばなかった。他の監督と同じように毎試合「勝ちにいく」と口にするが、もっと大事にしている思いがある。「日本サッカー界がどうすれば発展できるのか。世界に近づけるか」。それを実行した。

 吉田はアジア杯に参加したことで所属クラブのポジション争いで後れを取り、巻き返す過程にいる。今回、手元に置けば代表の連係向上や結果に期待が持てるが、回復しつつあるクラブでの立ち位置が下がる可能性もある。森保監督は時に短い時間しか過ごせない代表よりも、日常を過ごす所属クラブでの強化を優先させることがある。

 もちろん選手層の拡充や、吉田、大迫らを招集できない見込みの南米選手権に向けた準備に使う狙いもある。さらに「夢」という若手や、代表復帰を臨んでいた香川らにチャンスを与えることで「俺も、俺も」と意欲が広がっていくことが強化につながることも期待している。指揮官の視野の広さと目標の高さが今回の決断につながった。(サッカー担当キャップ・内田 知宏)

最新一覧