平井伯昌HC「一致団結して頑張ることが応援になる」

グアム合宿から帰国、沈痛な面持ちで報道陣の質問に答える水泳日本代表の平井伯昌ヘッドコーチ(カメラ・矢口 亨)

 日本代表の平井伯昌ヘッドコーチ(55)は12日、成田空港で取材に応じ、2020年東京五輪の金メダル候補で競泳女子のエース、池江璃花子(18)=ルネサンス=の白血病について「(この日朝に)最初に聞いた時は、絶句ですね。声も出なくて、信じられない感じだった」と心境を吐露した。

 国立スポーツ科学センター(JISS)の練習プールでは疲れた様子を見せ、今年初戦の100メートルバタフライでも自身の日本記録よりも4秒以上遅いタイムだったのが、気にはなっていた。「まさか、このような事態とは思わなかった。有力な選手の一人であることは間違いない。復帰を頭に置いて闘病されるとのことなので、我々ナショナルチームも一致団結して頑張ることが応援になる」と述べた。

最新一覧