【巨人】支配下に最も近い男・坂本工、休日返上トレでグラブ位置修正 

休日返上でトレーニングを行い宮崎運動公園に保存されている機関車の前でポーズを取る坂本工

 巨人の育成右腕・坂本工宜(こうき)投手(24)が12日、休日返上で自主トレを行い、フォームの微修正に取り組んだ。11日の紅白戦では3回2安打1失点2奪三振の好投で、13日から始まる1軍沖縄キャンプ行きが決定。ただ胸の前に置くグラブの位置が若干高かったことで、球も高めに抜けた点を反省し、この日は木の花ドームでネットスローなどに励んだ。「ここ(グラブ)の位置は重要なのでそこの調整をしました」と振り返った。

 次回はチームの今年初の対外試合となる16日のサムスン戦(那覇)で登板する可能性がある。関学大準硬式出身ながら、現在は支配下登録に最も近い一人とされている育成3年目右腕。「試合は本当にゼロ(無失点)でいくというのは常に思っている。それにプラス、内容も伴ったものをしっかり一試合、一試合出していきたいです」と意気込んだ。

最新一覧