食道がん手術の野口五郎「ずーっと歌い続けますから」

野口五郎

 初期の食道がんを患い、昨年末に手術していたことが明らかになった歌手・野口五郎(62)が12日、ブログで「何も心配しなくて大丈夫! ずーっと歌い続けますから」とつづった。

 病気のことには直接触れていないが、11日に都内で行われたコンサートを振り返り、「歌っている時、何よりも自分が自分らしくいられる時です。うれしいとか楽しいとか幸せとか、それを超越した世界。いつも応援してくれている、あなたに心から感謝します」などと心境を告白した。

 所属事務所によると、昨年11月6日の健康診断で、ごく初期の食道がんが見つかったという。「仕事に差し支えがないように」と、TBS系ドラマ「メゾン・ド・ポリス」(高畑充希主演、金曜・後10時)の撮影の合間に入院。12月25日に手術し、同29日に退院した。

 同事務所は「大丈夫です。元気にやっています」と全快を報告。今後も精力的に仕事をこなしていくという。

最新一覧