山口智子、「なつぞら」で31年ぶり朝ドラ…比嘉愛未も!ヒロイン集結

山口智子

 女優の広瀬すず(20)が主演するNHKの2019年度前期連続テレビ小説「なつぞら」(4月スタート、月~土曜・前8時)に、山口智子(54)と比嘉愛未(32)が出演することが12日、発表された。初夏に放送予定の「東京・新宿編」から登場する。

 朝ドラ100作目の本作で、異例の過去の朝ドラヒロインが大集結する。1988年度後期「純ちゃんの応援歌」以来31年ぶりの朝ドラ出演となる山口は「人生を育んでくれた『朝ドラ』に再会できたことをとても感慨深く思っています」と感激。人気ダンサーを引退したおでん屋さんの女将(おかみ)を演じる。

 比嘉は2007年度前期「どんど晴れ」でドラマデビュー。戦前から続くベーカリー兼カフェのオーナー役で「長い旅路から帰って来られてホッと落ち着くような、ただいまといううれしい気持ちでいっぱいです」と喜んだ。

 既に「ひまわり」(96年度前期)の松嶋菜々子(45)、「おしん」(83年度)の小林綾子(46)と、ヒロイン経験者の出演が決まっている。この日は他にリリー・フランキー(55)、戸田恵子(61)ら6人の出演が発表された。

最新一覧