大阪マラソン、新コースは大阪城公園発着

大阪マラソン新コース図

 「第9回大阪マラソン」(12月1日開催、報知新聞社後援)の組織委員会が12日、大阪市内で開かれ、大阪城公園をゴールとするコース変更が決定した。

 世界の主要マラソンで主流となっている「セントラル・フィニッシュ(中心街ゴール)」が採用され、スタート、ゴールとも大阪城公園に。終盤の難所とされていた南港大橋は外れ、走行中に日本一の高層ビル「あべのハルカス」などが見られるコースになった。チャレンジラン(8・8キロ)は廃止され、フルマラソンの定員は2000人増の3万2000人に拡大。3大会連続で落選した人を対象とする「連続落選者枠」も1000人増の4000人となり、出場のチャンスが広がりそうだ。

最新一覧