池江璃花子の白血病は早期発見、東京五輪出場へ望みは捨てず 日本水泳連盟が会見

池江璃花子

 日本水泳連盟は12日午後4時から、自身のツイッターで白血病であることを公表した競泳女子のエース・池江璃花子(18)=ルネサンス、淑徳巣鴨高3年=について、都内で記者会見を開いた。

 冒頭で、所属先のルネサンスの吉田正昭社長が経緯を説明した。「先程、池江本人から説明のあったように、オーストラリア合宿中に体調不良を訴え、帰国後に検査したところ白血病であることが判明しました。2月8日に帰国後、病院で検査を受けた結果、病気が判明しました。現在、本人は入院中ですが、早期の発見ができたと言われております」。

 今後については「コナミオープン、日本選手権は欠場することになります。20年東京五輪に間に合うかどうか、今後の治療経過を見ながら復帰の時期については改めてご報告させて頂きます」と話した。

すべての写真を見る 2枚

最新一覧