【広島】加藤改め矢崎が好投で開幕1軍へ前進 ところでヤサキ?ヤザキ?

広島・矢崎(やさき)のカバンには「YAZAKI」と名前がプリントされていた

◆広島紅白戦 白組7―0紅組(11日・日南)

 3年目右腕の矢崎拓也投手(24)が白組の2番手として3回から登板。2イニングを完全に抑え、開幕1軍入りへアピールした。

 3回の先頭・野間をフォークで二ゴロに打ち取ると、以降の打者5人は、いずれも直球で凡フライ。ラストの堂林には2ボールからコース的には若干甘めの直球を3球続けたが、いずれもファウルを打たせて一邪飛に仕留めた。

 全15球で打者にとらえられたボールは皆無。この日の最速は、登板した両軍10投手でNO1の148キロで「自分の力がボールに伝わっていると感じた」と胸を張った。試合後には佐々岡投手コーチが15日から始まる沖縄1軍2次キャンプに参加させることを示唆した。

 2016年ドラフト1位で慶大から広島入りした剛球右腕。昨季まで「加藤拓也」と名乗っていたが、昨年1月に結婚。妻側の籍に入って姓が変わり、今季から登録名も本名の「矢崎拓也」に変更した。ユニホームのネームも「KATOH」から「YASAKI」に一新。キャンプ宿舎と天福球場を自転車で往復する際に背負うバッグにも、新たな姓が刺しゅうされていた…と思いきや、あれれ、微妙に違う。

 バッグには「YAZAKI」と書かれていた。「僕は『S』って書いて(メーカーに)送ったのに『Z』になってました。ZETTだからかな」と矢崎は苦笑い。ファンの皆さん、背番号13は「ヤサキ」選手です。お間違いなく。

最新一覧