張本勲氏、錦織に敗れたメドベージェフに「喝」…ラケットを叩きつけたことに「悔しかったらトイレに飛び込みなさい」

張本勲氏

 野球評論家の張本勲氏(78)が13日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演。テニスのブリスベン国際の男子シングルスで世界ランク9位の錦織圭(29)=日清食品=が、決勝で同16位のダニル・メドベージェフ(22)=ロシア=を6―4、3―6、6―2で下し2年11か月ぶりのツアー優勝を果たしたことを「あっぱれですね」と絶賛した。

 一方で対戦相手のメドベージェフが試合中にラケットを叩きつけたことに「喝だ」と憤慨。その理由をラケットが選手にとって「相棒でしょ。相棒っていうのは、刑事なら命を預ける人と組むんですよ」と指摘した上で「自分で年俸をたくさん稼いでくれる相棒をあんなことしちゃダメ」とたしなめた。

 その上で「悔しかったらトイレへ飛び込んで自分でほっぺた叩けばいい。私なんてよくやりましたよ」と明かしていた。

最新一覧