日清食品「今後は世界目指す選手をサポート」陸上部縮小12選手に退部通告

 日清食品ホールディングス(HD)は11日、ニューイヤー駅伝(全日本実業団駅伝)優勝2回を誇る強豪の日清食品グループ(G)陸上部が今春入社予定だった大学4年の2選手の内定を取り消すなど活動を大幅に縮小することを発表した。9月に行われる20年東京五輪マラソン代表選考会(MGC)の出場権を持つ佐藤悠基(32)と村沢明伸(27)を除く12選手に退部を通告。16位に終わった今年のニューイヤー駅伝を最後に今後、駅伝には参加しない。

 かつて日本の陸上界をリードした強豪が揺れに揺れている。この日、「日清食品G陸上部の今後の活動について」と題された公式文書には「今後は、世界を目指す選手の競技活動をサポートする体制に切り替えることとしました」と明記された。つまり、佐藤と村沢を除く12選手は「世界を目指す」実力がないと判断されたとも取れる配慮に欠けた表現で、多くの選手がショックを受けているという。

 競技続行を希望する選手には他チームへの移籍を支援、これを機に引退する選手には社業に専念してもらう方針。条件面などをめぐり、話し合いが始まっているが、選手は突然の通告に戸惑いを隠せないでいる。

最新一覧