宝塚花組次期トップ娘役が華優希に決定 明日海りおの4代目相手役に

花組の次期トップ娘役・華優希

 宝塚歌劇団は11日、4月28日付で退団する仙名彩世(せんな・あやせ)の後任の花組トップ娘役が華優希(はな・ゆうき)に決まったと発表した。同29日付。

 蘭乃はな、花乃まりあ(いずれも退団、現女優)、仙名に続いてトップスター・明日海りおの4代目のパートナーに。横浜アリーナで6月25、26日に上演されるコンサート「恋スルARENA」が新コンビお披露目公演となる。

 華は京都府出身で、2014年3月に入団した、記念の第100期生。2017年「邪馬台国の風」で新人公演初ヒロインを務め、同年の「はいからさんが通る」では花村紅緒役に大抜てきされた。華やかな容姿と繊細な演技に定評があり、2018年の「ポーの一族」では主人公エドガー(明日海)の妹・メリーベルを好演した。

 また、花組スター・鳳月杏(ほうづき・あん)が4月29日付で古巣の月組に組替えされることも発表された。

最新一覧