内山信二、勝負服は「短パンにビーチサンダル」とおにぎり?

内山信二

 11日に放送されたTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜・後9時)の「バラいろジャッジ」のコーナーでは、「あなたには“勝負服”がありますか」というテーマにもとに出演者がそれぞれの勝負服を語った。

 タレント・はるな愛(46)は「こう見えても古風な女なんです」と前置きし、白い着物を着た写真とともに「勝負服は着物なんですよ」と説明。また、着物の太鼓結びも自身で結べると明かした。

 タレント・内山信二(37)は、「あえて勝負服を作らないようにしている」と話し、「負けた時にどうしたらいいか分からない」と理由を語った。また「短パンにビーチサンダルでいることが大切」と、あえて自然体でいることを強調。MCのプロレスラー・蝶野正洋(55)から「おにぎりは持たないんですか?」と質問されると、「誰が裸の大将ですか。蝶野さんに『おにぎり欲しいんだな』って言ったことないんでしょ。失敬だな」と鋭い返しで笑いを誘った。

 蝶野の勝負服はリングに向かう際に羽織る「ガウン」で、東京ドームなど大きな大会に出場する際は、「妻が手作りした特別仕様」だとノロけていた。

最新一覧