キングコング・西野が表彰式でM―1騒動をネタに 「好き嫌いで選んだので、インスタライブで文句言わないでください」

M−1騒動をネタにした西野亮廣

 お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(38)が11日、都内で行われた「Rethink Creator AWARD」の表彰式に出席した。

 応募者が暮らす地域を見つめ直し、地域の魅力を今までにない切り口でアピールする作品を表彰するアワード。しじみのみそ汁の写真の上に「とうとう、口を割ったな!」とのコピーを添えた島根県出雲市の秦亜紀子さんが制作したポスターに「西野亮廣賞」を贈った西野は、選考理由を「シンプルに好きだったので。あと、しじみが美味しそうだったので」と説明。さらに「好き嫌いで好みで選んだので大会終わりにインスタライブで文句言われたりしたらイヤなので、それだけはないようにしてください」とM―1騒動をネタにしてニヤリと笑った。

 2日に行われた漫才日本一決定戦「M―1グランプリ2018」の終演後に「とろサーモン」の久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40)が打ち上げの席でインスタライブを配信。上沼恵美子(63)と思われる審査員に向け、暴言に放った。武智は動画の中で「『嫌いです!』って言われたら更年期障害かと思いますよね」などとも発言していた。

最新一覧