【ロッテ】安田、体重5キロ増実る「やっと出た」プロ1号 

2回2死、安田が右中間へプロ初本塁打を放つ

◆ソフトバンク4―2ロッテ(2日・福岡ヤフオクドーム)

 滞空時間が長かった分、半信半疑だった。安田は全力で駆け出した。「入らないと思っていた。ビックリです」。打球が右中間のテラス席に入ると歓声が聞こえて、ようやくスピードを緩めた。0―1の2回2死。東浜の直球を捉えた。45打席目で飛び出した初アーチ。ドラフト制後、球団高卒新人では1990年の林博康以来28年ぶり3人目。球団史に名を刻んだドラ1は「やっと出た」とホッとした表情を見せた。

 社会人・三菱重工名古屋でプレーする兄・亮太さん(31)がPL学園1年の時、当時3歳の安田は応援で訪れた同校グラウンドにおもちゃのグラブとボールを持参。トイレの壁をめがけてボールを投げて“1人キャッチボール”をしたのが野球を始めた原点だった。

 履正社高では高校通算65発。早実・清宮(日本ハム)、広陵・中村(広島)と並び「高校BIG3」と称され鳴り物入りで入団したが、一線級投手の球を打ち返せず開幕は2軍。目の色を変えてバットを振った。ウェートトレにも励み、体重は5キロ増の100キロに到達。地道に積み重ねてきた努力が結実した一発だった。「この1本で満足せずに積み重ねていきたい」。未来の和製大砲が強烈なインパクトを残した。(長井 毅)

最新一覧