カンボジア“本田式メソッド”導入に期待…2年半プレーした伴氏

カンボジア代表の監督会見に出席した本田

 カンボジア代表のゼネラルマネジャー(GM)に就任し、実質的な監督として指揮を執る元日本代表MF本田圭佑(32)=メルボルンV=の“監督就任”に沸くカンボジア。同国リーグで2年半、選手としてプレーし、現在はF東京のマネジャー兼通訳として働く伴和曉(かずあき)さん(31)がカンボジアの現状と課題を明かし、“本田式メソッド”導入に期待を寄せた。

 激しい内戦を経験し、「アジア最貧国」ともいわれるカンボジア。しかし、伴さんは「勢い、エネルギーがものすごい国」と語る。「悲惨な歴史があったことは、旅行ではみじんも感じないと思います。日本のODA(政府開発援助)でインフラが整った。日本に対するリスペクトを強く感じました。生活面で困ったことは一度もなかったです」

 一番人気のスポーツは、もちろんサッカー。「代表戦だと(会場に)5万人入りますよ。サッカー熱はすごく高い」と伴さん。欧州のサッカーリーグが地上波で無料放送されており「裾野を広げるという部分で、日本より進んでいる」。自国リーグからドイツ2部やウズベキスタンなどにステップアップする選手も増えてきた。

 一方で、早急に取り組むべき課題も多いという。伴さんは「“本田式”のメソッドを落とし込んでほしい。日本では当たり前のことができていない。代表の強化だけでなく、リーグの仕組みや育成システムの整備にも力を注いでほしい。影響力がある人だからこそ。この挑戦は素晴らしいこと。カンボジアの発展に全力を尽くしてもらいたい」と願った。

最新一覧